BLOG

記事一覧

寒くなってまいりました。

12月に入りイベントのご予定もある方もいらっしゃいますね。

ちょっとしたパーティ、忘年会などにカジュアル着物のまち歩きレンタルはいかがでしょうか?

当サロンでは着物から小物までトータルでコーディネートさせていただきます。

着物姿のアクセントになる帯締めも色とりどり揃えております。

巾着やバックも着物に合わせて

ヘアセットをされる方には着物の雰囲気に合わせたヘアアクセサリーも・・

夜のパーティー用には一泊レンタルのオプションもあります。

いつもと違う自分を演出してみませんか?

まち歩きレンタルのご予約はこちらから▶

お客様からよくご指摘を受けるのですが・・・

近所に住んでいてもここに着つけが出来るサロンがあることに気が付かなかったと

路面店ではない上にちょっとした旗看板のみですから・・

それでも予約制だからいいかななんて思ってましたが

もう少し地域の方に認知していただかなくては!

となぜか自分で作ってしまおうと思い立ち・・・

忙しい七五三シーズンの最中、コツコツ作りました

正しい方法はわかりませんが取りあえず拡大した文字をチャコペーパーで写し書き

布用の染料で書き書き✑

ヒラヒラしないように上下の辺に突っ張り棒とそれを収納するポケットを作成


文化祭レベルの出来上がりですが少しは何をやっているかわかってもらえるかと・・


こんな感じでお天気が良ければ1階に看板娘も出ております。

フォーマルな着付けのご予約はこちらから▶

小学生卒業袴レンタルはこちらから▶

まち歩きレンタルはこちらから▶

今年も可愛いお客様と嬉しい出会い再会がたくさんありました。

なかなかお仕度の後の撮影は忘れてしまったり

お時間の関係で失礼してしまいがちでしたが・・

中には前回はママのおなかの中にいらした赤ちゃんが5歳の七五三を迎えられて

月日の流れの速さにびっくりしたり、3歳だったお嬢様がしっかりとした7歳になられていたり。。。

そして今年も当さろんでは日本髪や和風っぽいアップスタイルが人気でした

七五三のお仕度は一年中お受けしております

お申込み、お問い合わせはコチラから

深川きものさろんお問い合わせフォーム

今まで何度もトライして、まだいただけてなかったあさり丼のお店です。

さろんから歩いて10分のところにある

福佐家さん 

この日も、実はのれんが内側に片付けられていたのに強引にドアを開け

店主様に伺うと「20分後の予約のお客様と同じタイミングでならお出しできます」と

待ちます!待ちます!二年越しでやっといただけるぅー

メニューはあさり丼のみ

待っている間の店内撮影も快諾いただき・・・

昭和生まれのさろん店主としてはとても落ち着く空間です。

いよい、よあさり丼の到着!

たーっぷり乗っている、ふっくらしたあさりとねぎ、三つ葉、そして春雨 あさりの出汁がしっかり効いたおつゆがしみ込んでるご飯。

ぶっかけとも炊き込みとも違う新鮮な味わいであり、懐かしいような、あぁ日本人で良かったぁ・・・と思える味なのでした。

福佐家さんは暖簾が出ている方が珍しく今度はいついただけるかなと思ったり、

こだわりの一品のため納得のいく浅利が入荷した時だけのあさり丼を作る店主様は

とても腰の低い丁寧な応対をしてくださいました。

着物でも入りやすいゆったりした店内でした。

きものdeまち歩きのランチにいかがでしょうか?

普段着物にあまり縁がなく回りに詳しい方がいない場合

・持っている着物の種類や格がわからないのでTPOにあっているか不安

・着物は持っていても、帯は?小物は?今あるもので良いの?

・小物の色はいったい何を合わせたら良いの?

・草履とバック、帯、長襦袢、帯揚げ、帯締など、単品をレンタルしたい

・レンタルしたいが実際に実物を試着して決めたい

等々、いざ着ようと思ってもわからないことが多くなると着ることを諦めかねません。

これではとても残念です。

そのような着物に関するお悩みのご相談にのる<深川きものさろん>のメニューが

コーディネート相談です。

先日結婚式に参列されるためのコーディネート相談でした。


お客様の雰囲気とお好みに合わせかつ着ていく場所新郎新婦との間柄等お聞きしながら

楽しくコーディネートさせていただきました。

七五三シーズンで先約があり着付け&ヘアセットは他でされましたが

素敵に着上がった画像を送っていただきました。

モダンなイメージのお客様にお似合いの色のコーディネート

帯留初心者でいらっしゃいましたがアクセントカラーの帯締めに存在感のある帯留で

こなれた感じの装いで会場に華を添えられたことと存じます。

コーディネート相談は予約制有料(2000円)にてお受けしております

お申し込みはこちらから


以前同じ福祉車いす着付け師の講習

今回はプロコースということで

車いすでの振袖着付け及び帯結び

寝たきりの方への着付けを学んできました。


椅子の背から見える部分での帯結びになります。

そして寝たままの状態での着付け

ストレスを与えないよう着あげていきます。


長い時間の講習でしたが何とか覚えて帰ろうと頭と体を駆使してきました。

これから自分なりにテキスト(忘備録)を作り

今後に役立てられたらと思いますが・・・

こうゆうことが選択しにあるということを認知してもらうにはどうしたらよいものか??

七五三シーズンが終わったら考えたいと思います。

車いす着付けについてのご質問はこちらから▶深川きものさろんお問い合わせフォーム

今日はスタッフさん2名と車いす着付け練習会でした。


真剣に練習な様子。

結構足を広げるので動きやすい格好でなくては無理があります。

私が学んだ学院では着物でお客様に着付けましたがこれはそうはいきませんね。


着あがりも手順も回を重ねるごとにスムーズになります。

これからももっときれいに早く着つけられる工夫もしていきたいと思います。

車いす着付けについてご質問はこちらから▶

昨日は暑い日となりましたが撮影でした。

従妹様同士2家族の撮影を同時進行で・・・

お母様おばあさまも着物をお召になりあでやかな集合写真となりました。

スタジオ撮影の後は屋外ロケ<富岡八幡宮>へ

気温が高いのは大変でしたが美しい写真が撮れたようです

(画像はスマホのものですが)


10月に入りましたが夏のように暑い日です。

10月に入ったとたんに成人式、七五三の撮影が週末ごとに入っております。

7歳のお嬢様のお着付けは、お子様といえどもきっちり品よく着つけたいものです。


6月の撮影でしたが先日結婚式を挙げられまたした。

撮影の様子を新郎のお父様が描いてくださりウエルカムボードに使用したとのご報告とデータをいただきました。

とても素敵で・・・

そしてすごい観察力です!!

私のうなじはこんな感じなの!と( ゚Д゚)

クスッというコメントも入ってて、お父様の愛情を感じます。


写真ではこんな感じでした。


写真も素敵でしたが、お父様の絵は温かみがあります。

アットホームな雰囲気の撮影ですのでその場にいらしたお父様も

楽しんでいただけたようです。

婚礼着付け&

撮影のお問い合わせはこちらから▶

昨日28日は<深川きものさろん折り紙Workshop 着物をつくろう>でした。

お声をかけたところ7名の参加者にお集まりいただきました。

先生は広島在住のO様 東京に上京のタイミングでお願いいたしました。

一番上の着物が今回の目的・・・・

これは繰り返し練習しないとなかなか難しいものです。


折り紙に触るのも何年ぶりかしら~などと話しながら、でも結構真剣です。

真剣さ伝わりますか?

そして季節を意識したこんなかわいい折り紙も

作るかたの個性出ますね~

とても楽しかったのでm第二弾もお願いしようと思っています。

手を動かすのって大事ですね♪

福祉車いす着付け師の存在を知ったのは最近でした。

高齢、障がい、健常者、にかかわらず着物を着ることをあきらめず楽しめたら・・

そのお手伝いをすることが出来たら今までの深川きものさろんの仕事の幅も広がり

喜んで下さるお客様も増えるのでは・・と感じ調べたところ

近々で都内の講座はなかったので

埼玉、での受講です。

福祉車いす着付けの特徴は以下の通りです。


  • 車いすに座ったまま着物を着せ、帯を結ぶことが出来ます。
  • 新たに道具を購入する必要はなく手持ちのもので着付けることが出来ます。
  • 2~3分でお太鼓や二重太鼓等を結ぶことが出来、お客様のご負担を極力減らします。
  • 着物や帯は解いたり切ったり縫い付けたりしません。
  • 車椅子着付け後の立ち姿は、通常の着付けと殆ど変わりませんので、お手洗い後の着せ直しやお直し等は必要ありません。
  • 冠婚葬祭時、気軽に 留袖や喪服を着ていただくことが出来ます。
  • (NPO法人 日本理美容福祉協会HPより)

  この特徴をどのような方法で着付けるのか果たして自分の技術としてモノにできるのか?一級着付け技能士検定の時と同じく周りに受講された知り合いもないので情報なく少し期待と不安の混じる新鮮な気持ちを味わいながら受講してきました。

内容はまさに目からうろこ!通常の着付けの概念をきっぱり捨てて臨まないと必要な手順を忘れ無駄な動きをしてしまいそうです。

認定書をいただいたものの今日からみっちり復讐して自分の技術として体に覚えこませなくてはと実感。

画像は相モデルで私が着つけたものです。

普通に着つけて座ったように見えるくらい自然ですが一度も立ち上がってはいないのです。



近い将来着付けメニューにも加え、車いすでも着物を着るという選択をしていただけるように頑張りたいです。